灘丸山公園~乗り越えろ坂の試練

灘区民の憩いの公園「灘丸山公園」。着くまでが大変ですがのんびり過ごせる良いところです。

分類:

灘丸山公園は、水道筋商店街を六甲山に向かってひたすら北上したところにある公園です。公園までの道は舗装されてるんやけど、急な山の斜面を登っていくので、油断すると結構きつい。地元民憩いの公園です。小さいけど駐車場もあるので、車で来ることもできます。普段は閑散としてのんびり過ごせる公園ですが、桜の季節は車でごった返します。交通整理の警察まで出動する始末です。車で来たらひどい目に会いますよ。

入り口の大きな石に大きく名前が入っていてすぐ分かります。ほんまに山の斜面にあるので、すぐ後ろは六甲山が広がっています。公園の名前の入った大きな石から公園までは、実は更に長い階段が待ち受けているのです。駐車場方面にグルッとまわれば階段を上らなくても公園には入れますよ。どっちもしんどいですけどね。

灘丸山公園入り口の階段
坂を登り切ったと思ったら次は階段の試練が。。。
灘丸山公園入り口の階段をの登り切ったところ
階段を登り切ったところ。階段を使わなくても坂で迂回して上がってこれます。

公園はかなり広いので、休みの日は家族連れやジョギングをする人などで賑わっています。ぽかぽかした日にお弁当食べると最高です。遊具も充実しています。響はこのグルグルした滑り台を見てるだけで、目をキラキラさせて、体をウズウズさせてます。滑れないのがものすごく残念そう。子どもだったらよかったのにね。(大きい子どもやけど。)

灘丸山公園の広場
メインの広場。かなり広いです。花見の季節は賑わいます。
灘丸山公園の遊具
響の眼がキラキラする遊具。子どもが遊べる遊具も完備。

眼下には神戸の町並みが一望できてとっても素敵です。こうみると神戸はホントに海と山が近いなぁ。そして灘区では一万歩ロードを展開しています。この公園に来て初めて知りました。ここはNo.6のルートになっているようです。ルートの途中途中でこうした案内が出ています。響は挑戦したいと言ってましたが、多分口だけでしょう。

展望台
神戸の街が眼下に広がる展望台。視界が開けて天気が良いと最高です。
展望台からの朝日
朝日を撮影したところです。
朝日に照らされる階段
朝日に照らされる階段も撮ってみました。
灘区一万歩ロードの看板
灘区一万歩ロードの看板。ざっくりした地図やけど結構距離のあるルートです。No6ってことは他にもああるのか。。。

灘丸山公園からほんの少し山に向かって歩くと、登山道の入り口があります。この登山道は「徳川道」と呼ばれています。幕末のころ外国人と参勤交代の大名行列が接触しないようにするための通り道としてつくられたとか。こんなところに思わぬ歴史が眠っているんですね。徳川道からは、「カスケードバレイ」という道を通って穂高湖に抜けるルートと山寺尾根を通って摩耶山に抜けるルートがあります。山の街だなということを実感する場所ですね。入り口の近くには湧き水で手や顔が洗えるようになっていて、とっても気持ちいいですよ。山から下りてきたときにこの湧き水を見つけると頭から水をかぶらずにはいられません。

湧き水(飲んじゃダメ)
公園に入らずに入り口からそのままさらに坂を登ると湧き水が出ているところが。
六甲山道への入り口
湧き水のすぐ横に六甲山の登山道への入り口が待ち構えています。
ハイキングコースの図
徳川道ハイキングコースの図。

カテゴリー

タグ

神戸関連書籍/グッズ

神戸に関連する書籍やオリジナルグッズを
アフィリエイト販売しています。

歩く二人イラスト マグカップ

2,190円(税抜)

響子プロフィールイラスト マグカップ

2,190円(税抜)

振り向き響子 Tシャツ

3,280円(税抜)

響子 トートバッグ

2,630円(税抜)

関連書籍販売のためのアフィリエイト
プログラム

神戸散歩WEBサイト(以下当サイト)では、神戸や当サイト内のコンテンツに関連する書籍を紹介しています。
紹介にあたって外部のアフィリエイトプログラムのサービスを利用しております。
当サイトでは以下のアフィリエイトプログラムを利用しています。

こちらで販売中 amazonSUZURI by GMO ペパボ

ご購入に関しての注意事項

ご購入はリンク先の外部サイトで手続きを行っていただきます。ご購入方法やご購入にあたっての個人情報の取り扱いなどはリンク先の各WEBサイトのガイドラインに準拠いたします。ご購入にあたって、商品や購入方法などに関するお問い合わせや、各種トラブルに関するお問い合わせは、リンク先のWEBサイトにて行っていただきますようお願いいたします。外部サイトの利用から生じる一切の損害(精神的損害を含む)につきましては、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。