第8回“ノッコン”~ほろ苦きラグビーの想い出

盛り上がるラグビーワールドカップとほろ苦い青春の記憶。

巨大ラグビーボール

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」のキャッチコピーを見ると、踊る大捜査線のテーマが一緒に脳内再生される今日この頃。
ラグビーワールドカップ日本大会、盛り上がってますね。

ワールドカップの巨大布ポスター

ラグビーを見るのは元々好きなのですが、地味でルールが良く分からんという理由でチャンネルを変えられ、実家を出てからはこれまで中々満足に視聴することができませんでしたが、大会が始まる頃から、「お前の口からラグビーのラの字も聞いたことがねぇ」っていう人までラグビーで盛り上がっていて大変な騒ぎになってますね。

ラグビーワールドカップの幟
神戸市内のどこを歩いていても幟が掲げられています。

花時計もワールドカップ
花時計だってラグビー柄!

ラグビーワールドカップファンゾーン
ハーバーランドにはファンゾーンが設営されパブリックビューイングも。

もうマイナーじゃない。好きなスポーツが市民権を得るのは嬉しい限りです。

見ることは多くても実際にやる機会が少ないのがラグビーというスポーツだと思いますが、高校2年の時、週に1回ラグビーの授業というものがありました。体育が週4回あって、一つは機械体操、一つは柔道、もう一つが球技・陸上系、最後の1枠がラグビーでした。

1年かけてパス・モール・スクラム・キックなどを練習し、ルールを覚え、最後の授業で1年の集大成として試合を行うというカリキュラムでした。

痛いし、しんどいし、ルールはよく分からんし、少しやんちゃな子がクラスにいたら。。。(お察しください)という感じで、頭に残っている言葉は先生の「ノッコン」「ノッコン」という言葉だけ。それでも授業を重ねていくと、みんな結構のめり込んでいって段々楽しくなっていきました。秋の体育際の時には出番のない時間に1クラスくらいの人数でパスをしながら校内を走り回って、滅茶苦茶怒られた記憶があります。

いつの間にか、それぐらい試合をするのを心待ちにしていたのです。

で、ようやく3学期も終わりに近づき、練習も一通り終了し、いよいよ次回の最後の授業で試合をするところまで来ました。来週ついに試合ができるとみんなワクワクしていました。

しかし、、、次の週、授業がなかったのです。。。そう、授業がなかったのです。。。(大切なことなので2回言いました。)

記憶が少し曖昧でうろ覚えなのですが、高校の行事か何かでラグビーの時間を充てた影響で、授業日数が1日削られたためだったと思います。振り替えの授業もなしで、うちのクラスだけが試合することができず終了したのです。1年間積み重ねたこの想いを何にぶつければ良かったのか。

日本が歴史的な勝利をおさめ、日本中が歓喜に包まれているなか、ふとそんなほろ苦い青春の記憶を思いだしてしまいました。

平尾選手のパネル

神戸関連書籍/グッズ

神戸に関連する書籍やオリジナルグッズを
アフィリエイト販売しています。

歩く二人イラスト マグカップ

2,190円(税抜)

響子プロフィールイラスト マグカップ

2,190円(税抜)

振り向き響子 Tシャツ

3,280円(税抜)

響子 トートバッグ

2,630円(税抜)

関連書籍販売のためのアフィリエイト
プログラム

神戸散歩WEBサイト(以下当サイト)では、神戸や当サイト内のコンテンツに関連する書籍を紹介しています。
紹介にあたって外部のアフィリエイトプログラムのサービスを利用しております。
当サイトでは以下のアフィリエイトプログラムを利用しています。

こちらで販売中 amazonSUZURI by GMO ペパボ

ご購入に関しての注意事項

ご購入はリンク先の外部サイトで手続きを行っていただきます。ご購入方法やご購入にあたっての個人情報の取り扱いなどはリンク先の各WEBサイトのガイドラインに準拠いたします。ご購入にあたって、商品や購入方法などに関するお問い合わせや、各種トラブルに関するお問い合わせは、リンク先のWEBサイトにて行っていただきますようお願いいたします。外部サイトの利用から生じる一切の損害(精神的損害を含む)につきましては、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。