祇園神社~有馬街道にある「平野の祇園さん」~

祇園祭りでも有名な知る人ぞ知る「平野の祇園さん」

分類:

祇園神社のご祭神は「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」と「櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」。疫病退散や、水難除け、厄除けのご利益があります。京都の疫病や災害を鎮めるために、姫路の広峰神社にまつられている素盞嗚尊をおまつりするための途上で、平野の地にお神輿の行列が一泊した地に社殿を建て、分霊を奉ったところが由来といわれているそうです。

櫛稲田姫命は素盞嗚尊のヤマタノオロチ退治の神話に登場する女神ですね。

拝殿

境内のど真ん中に堂々とした姿を見せる拝殿

境内と山

山がとても近く、まるで迫ってくるようです。

拝殿

格式を感じる拝殿です。

本殿

拝殿の後ろに本殿が見えます。こちらはひっそりとした雰囲気です。

本殿

大きな本殿で歴史と威光を感じる佇まいです。

本殿の狛犬阿さん 本殿の狛犬阿さん 本殿の狛犬吽さん 本殿の狛犬吽さん

左右に配置された狛犬の風化した傷み具合や、少し苔むした風合いが長い年月を感じさせます。なかなかお茶目なご尊顔です。

祇園神社御由緒

平野はかの平清盛が福原遷都の折に住まった縁のある土地でもあります。

平野の祇園さん

祇園神社で祀られている素盞嗚尊は仏教の牛頭天王と同一視されています。牛頭天王が祇園精舎の守護神とされることから素盞嗚尊のことを「祇園さん」と呼ぶようです。また平野の周囲には「天王」とつく地名が多いです。(天王川、天王橋、天王谷、天王温泉)

長く急な石段が待つ八社巡りの難所

八社巡りの概要は「八社巡り~生田神社の裔神八社を巡る」をご覧ください。

神戸八社巡りの五社目となる五宮神社では、社務所に人が常駐していないため、正式な御朱印をいただくためにはこの祇園神社でいただく必要があります。平野の交差点から有馬街道に向かって山側に登っていくとすぐに入り口が見つかります。

祇園神社の参道入り口

写真の左側が有馬街道です。街道沿いに入り口の鳥居を発見。

祇園神社の鳥居と参道

鳥居の向こうを見てみると、山の急斜面に沿ってできた長い石段が現れます。目的の境内はこの階段の先にあるのです。徒歩で八社巡りをしている方で、五宮神社で祇園神社のことを知り、軽い気持ちで訪れると軽い絶望が訪れる階段です。五宮神社での究極の選択と葛藤は正にこの階段にあると言っても過言ではありません。

祇園神社の入り口

さんざん歩いて坂を登り詰めた先に待っているのがこの階段。

急こう配な恐怖の階段

この傾斜、恐ろしい。手すりを持たないとふらっと後ろに倒れそう。

階段を登りきる

でもこの境内への階段を上りきった先には、平野の街を見渡せるすばらしい眺望が待っています!

境内からの絶景

街を独り占めしているかのようなすばらしい眺望です。街中なのにかなり高いところにあることを実感します。

境内からの眺め

平清盛の時代はどんな風景が広がっていたのでしょうね。

スロープがありました

鳥居の階段を登らずに有馬街道の道路沿いにもう少し上がっていくと、裏側からスロープで境内に行くことができるようになっています。車用かもしれませんが、階段がつらい方はこちらからも入れます。かなりの坂ではありますが。。。

御朱印_五宮神社 御朱印_祇園神社

無事にいただいた念願の五宮神社と平野神社の御朱印です。

階段の途中にたくさんの見どころが

境内への石段が辛いことしか書いていないような気がしますが、実は石段の途中にはいくつもの面白いものを見ることができます。

生島四郎奉献の石灯籠

生島四郎奉献の石灯籠

生島四郎は勝海舟に縁のある人物で、幕末に神戸開港に尽力した方だとか。その生島四郎から奉献された石灯籠です。たしか陳舜臣氏の著書「神戸ものがたり」で、勝海舟に「この辺りの土地は今のうちに買っておけば将来儲かるよ~」みたいなアドバイスをうけて、ホントに実行して大儲けしたとかしないとかっていうエピソードを読んだ覚えがあります。

風車燈籠

風車灯籠

階段の途中で存在感をアピールする近代的な謎の塔。「風車燈籠」という自己発電で明かりを灯す燈籠だそうです。

風車灯籠の解説版

まさかの近代システムでした。

石碑たち

石碑がたくさん

風車燈籠の足元にはたくさんの石碑たちが立ち並んでいます。

石碑と風車灯籠

格式と歴史を感じる佇まい

境内はかなり広々としていて、社殿などは格式を感じます。

境内

広々した空間がそうさせるのか、山が眼前にあるからか、とても穏やかで落ち着いて空気が漂っています。

拝殿と本殿手水所平野祇園神社と平清盛について稲荷社など

拝殿の奥には「日清戦争従軍記念碑」、「市杵島神社」、「白玉稲荷神社」、「一願石」などが見えます。

祇園祭は神戸だけじゃない?!

祇園祭といえば京都三大祭りの一つとして有名ですが、神戸にも祇園祭があるのです。毎年7月に1週間ほど行われる神戸の祇園祭は知る人ぞ知る神戸の一大イベントです。周辺には屋台がひしめき、たくさんの人が集まり祭りの熱気に包まれます。

祇園神社への道標

ホンマに疲れた。。。でも無事に御朱印もいただけたし、境内からの街の眺めは何物にも代えられへんな。あの景色をみたら疲れも吹き飛ぶわ。

ほんまやね。落ち着いた雰囲気があって、ご近所さんが気軽に立ち寄っておしゃべりするみたいなところもあって、ほっこりする一面もあったねぇ。

でもやっぱり一番はあれかな。

自己制動型風力発電システム・・・「エウロス」(๑•̀д•́๑)キリッ

言うてみたいだけやん。

ご祭神

素盞嗚尊(すさのおのみこと)
櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

鎮座地

〒652-0008
兵庫県神戸市兵庫区上祇園町12-1

交通アクセス

JR三ノ宮駅そごう前、JR神戸駅前、市営地下鉄湊川公園駅より 神戸市バス7系統「平野」バス停 徒歩約5分
神戸市営地下鉄大倉山駅

参考

カテゴリー

タグ

神戸関連書籍/グッズ

神戸に関連する書籍やオリジナルグッズを
アフィリエイト販売しています。

歩く二人イラスト マグカップ

2,190円(税抜)

響子プロフィールイラスト マグカップ

2,190円(税抜)

振り向き響子 Tシャツ

3,280円(税抜)

響子 トートバッグ

2,630円(税抜)

関連書籍販売のためのアフィリエイト
プログラム

神戸散歩WEBサイト(以下当サイト)では、神戸や当サイト内のコンテンツに関連する書籍を紹介しています。
紹介にあたって外部のアフィリエイトプログラムのサービスを利用しております。
当サイトでは以下のアフィリエイトプログラムを利用しています。

こちらで販売中 amazonSUZURI by GMO ペパボ

ご購入に関しての注意事項

ご購入はリンク先の外部サイトで手続きを行っていただきます。ご購入方法やご購入にあたっての個人情報の取り扱いなどはリンク先の各WEBサイトのガイドラインに準拠いたします。ご購入にあたって、商品や購入方法などに関するお問い合わせや、各種トラブルに関するお問い合わせは、リンク先のWEBサイトにて行っていただきますようお願いいたします。外部サイトの利用から生じる一切の損害(精神的損害を含む)につきましては、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。