舞子公園~明石海峡を臨む景勝地

歴史に合わせて姿を変える美しい天下の景勝地

分類:

歴史に合わせて姿を変える美しい天下の景勝地

明治天皇が7回も行幸されたという舞子浜。舞子公園は舞子駅のすぐ南に位置し、穏やかに波がゆらめく明石海峡と、整然とした美しさで立ち並ぶ松林の中に、文化財住宅などが溶け込んだステキな公園です。勇壮な明石海峡大橋を目の前で大迫力の距離で堪能できます。休みの日でも人が少ないのんびりしたお散歩スポットです。

※撮影したのは2014年8月頃なので記事の内容が現在と異なる場合がありますのでご了承ください。

歴史ある都市公園

古くから詩歌に詠まれる舞子浜。明治33年(1900年)、舞子公園は初の県立都市公園として開園されました。孫文が亡命中に立ち寄ったという移情閣(孫文記念館)や文化財住宅、そして世界一の吊り橋である明石海峡大橋など、時代ごとに姿を変えつつも、天下の景勝地として古くからの美しい景観を残しています。

今回は五色塚古墳から歩いてきたので、東側の入り口から舞子公園に入ります。舞子駅で降りて西側から散策するのが通常コースかも。※このページを下から読むと舞子駅からスタートするコースになります。

舞子公園_02

公園の案内図。結構広いです。公園を歩くのは実は今回が初めてです。見所も分かりやすく記載してくれてました。

舞子公園_03

入り口からすぐ近くのところに旧武藤山治邸が見えました。

旧武藤山治邸(旧鐘紡舞子倶楽部)

1907年に建てられた木造2階建てのコロニアル様式の建物です。明治期の西洋館の住宅形式や当時の実業家の生活を知る貴重な建物です。

※舞子公園パンフレットより

舞子公園_04

素敵なバルコニーです。ここで紅茶などを飲みながら景観を楽しんだのでしょうか。

舞子公園_05

重厚な看板が掲げられています。

舞子公園_06

今回は時間の都合上、中には入りませんでしたが、次はゆっくりと見学したいです。もう一つの文化財住宅である「旧木下家住宅」が駅の北側にあるようで、こちらも次の機会に立ち寄りたいと思います。

舞子公園_07

旧武藤山治低を過ぎると明石海峡大橋が目の前に広がります。淡路島へと渡る橋の全貌が見えて迫力があります。右側には孫文記念館(移情閣)が見えます。釣りを楽しむ人たちの姿も見えます。

舞子公園_08

舞子公園の看板岩がここにもありました。よく見ると文字の中に四季を表す絵が紛れ込んでいるようです。春は桜、これは分かる。夏は新緑を表す葉っぱかな?もしかしてひまわりの種?秋は焼き芋ですね。冬は雪だるま。上手く感じと組み合わせてます。ほっこりしますね。

舞子公園_09

広場の真ん中に謎の彫刻が施された石のテーブルがありました。

舞子公園_10

新神戸ライオネス倶楽部の結成10周年記念で設置されたテーブルのようですね。

舞子公園_11

さらに進むと「明治天皇の歌碑」が威風堂々とした佇まいで建っています。明治天皇の最初の行幸の様子が3種の御製(ぎょせい)とともに歌が刻まれています。初めて「御製」という言葉を知りました。天子がつくった詩歌のことだそうです。勉強になります。

舞子公園_12

明治天皇の歌碑

明治天皇は舞子の景勝をことのほか愛され、1885年以来、7回にわたって行幸されました。その最初の時の様子が、歌碑に3首の御製と共に刻まれています。
有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう)殿下が御別邸を建てられるまでは、舞子有数の料理旅館だった亀屋旅館がよく御在所となっていましたが、1928年の国道2号の拡幅工事で移転することとなり、1936年の国道工事竣工に合わせて、この旅館の跡に明治天皇の歌碑が建立されました。また、この歌碑は1998年の国道拡幅により、舞子公園内の位置に移築されました。

正面の御歌
播磨潟(せき) 舞子の浜に 旅寝して 見し夜恋しき 月の影哉

右面の御歌
あしたづの 舞子の浜の 松原は 千代を養う 處(ところ)なりけり

左面の御歌
播磨潟 舞子の浜の 浜松の かげに遊びし 春惜しぞ思ふ

※歌碑の説明書きより

舞子公園_13

正面と左面を見たところです。

舞子公園_14

正面と右面を見たところです。大きくて厳かな迫力がある歌碑です。

舞子公園_15

孫文記念館(移情閣)が近づいてきました。明石海峡大橋と見事にマッチングされた景観です。

孫文記念館(移情閣)

中国の豪商呉錦堂が別荘として建てた「移情閣」は、異国情緒豊かな建物で、松林とも調和し、舞子浜のシンボルとして親しまれてきました。そしてここに、中国革命の父・孫文が亡命中に立ち寄ったことから、日中国交回復10周年を記念し、昭和59年(1984年)、「孫中山記念館」(現「孫文記念館」)として開館しました。

※舞子公園パンフレットより

舞子公園_16

どこを切り取っても絵になります。

舞子公園_18

海側から見たところです。ここも中には入らなかったので、次のお楽しみに取っておきます。

舞子公園_19

明石海峡大橋の袂にポツンと一つモニュメントが建っています。

舞子公園_20

明石海峡大橋架橋5周年に建立された「夢レンズ」です。

舞子公園_21

モニュメント「夢レンズ」

三種の異なった石肌によるメビウスの輪は人、自然、科学を、そして明石海峡大橋が結んだ本州と淡路・四国を表しています。この三つの相が調和し、円空から未来への発展を展望しています。

彫刻家 牛尾 啓三

神戸市長を5期務めた、原口忠次郎の偉業をたたえて建立された記念碑とのことです。ポートアイランドの中公園にもこの人の銅像がありましたね。中公園の正式名称は「原口記念公園」で原口忠次郎の名が冠されています。神戸では色々なところでこの名前を聞きます。すごい方だったんですね。

舞子公園_23

明石海峡大橋がだんだん近づいて大きくなってきました。長くなるので明石海峡大橋に関しては別の記事で紹介します。

舞子公園_24

橋を通り抜けました。橋の下がスタンドのようなベンチになっているので、のびのびとごろごろできます。橋が影になるので日中でも快適なごろごろスポットです。

舞子公園_25

橋を通り抜けてすぐのところに「橋の科学館」なる建物がありました。明石海峡大橋の全てが分かる(らしい)サイエンスミュージアムです。明石海峡大橋のゆるキャラ「わたるくん」が窓から手を振ってます。今回は断念しましたが楽しそうなミュージアムです。

舞子公園_27

世界一のつり橋を支えているケーブルの原寸大のモニュメントが橋の科学館のすぐ横に設置されています。

舞子公園_29

近くで見るとかなり大きいです。巨大なつり橋を支える巨大なケーブル。高度な技術力の結晶なのだと思います。

舞子公園_30

ここから舞子駅に向かって本日のお散歩は終了です。垂水駅からスタートして五色塚古墳を経由し結構な距離を歩きましたが、のんびりとした散歩コースだと思います。

そんなに人も多くなく、釣りを楽しむ人や、橋の下にはベンチとかもあってお昼寝してる方々の姿も。日常や時間を忘れてリフレッシュできる空間やったなぁ。天気が良ければ一日ダラダラしてられるわぁ~。

舞子公園(まいここうえん)

〒655-0047
兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051

参考

カテゴリー

タグ

神戸関連書籍/グッズ

神戸に関連する書籍やオリジナルグッズを
アフィリエイト販売しています。

歩く二人イラスト マグカップ

2,190円(税抜)

響子プロフィールイラスト マグカップ

2,190円(税抜)

振り向き響子 Tシャツ

3,280円(税抜)

響子 トートバッグ

2,630円(税抜)

関連書籍販売のためのアフィリエイト
プログラム

神戸散歩WEBサイト(以下当サイト)では、神戸や当サイト内のコンテンツに関連する書籍を紹介しています。
紹介にあたって外部のアフィリエイトプログラムのサービスを利用しております。
当サイトでは以下のアフィリエイトプログラムを利用しています。

こちらで販売中 amazonSUZURI by GMO ペパボ

ご購入に関しての注意事項

ご購入はリンク先の外部サイトで手続きを行っていただきます。ご購入方法やご購入にあたっての個人情報の取り扱いなどはリンク先の各WEBサイトのガイドラインに準拠いたします。ご購入にあたって、商品や購入方法などに関するお問い合わせや、各種トラブルに関するお問い合わせは、リンク先のWEBサイトにて行っていただきますようお願いいたします。外部サイトの利用から生じる一切の損害(精神的損害を含む)につきましては、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。